印西市 白井市 鎌ケ谷市 成田市 佐倉市 結婚相談所千葉|マリッジ・ディスティニー

menu

恋活・婚活ココロアカデミー

仲人は、補助輪が外れるまでの父親役

こんにちは。

現在会員さんの活動が、
稼働率100%で活発でございます。

お見合い、交際、
ご成婚間近な方などなど。

新規会員さんの入会準備も進み、
新たな会員さんが今月・来月よりお仲間となります。

婚活を始める方の中には、
結婚までの過程をどのように行動すればいいのかわからない。

そのような方もいらっしゃいます。

私自身も、
30歳で結婚するまで、
どうやったら結婚できるのか?
どうすれば、女性の気持ちを掴めるのか?
それぞれのシチュエーションで、何を話せばいいのか?

会社の先輩だけでなく、
後輩も先に結婚していく中、
告白してデートへ誘って交際から
愛を育みプロポーズして結婚するまでの
その過程がさっぱりわかりませんでした(汗)

ご相談にみえる方へ
お話すると、とても驚かれるのですが、、、

20代前半の頃の私は、
異性との会話がこのように全くダメでして、、、

相手の気持ちを、
わかろうとしてもわかりませんでした。

もしかしたら、
わかろうともしなかったかもしれません。

異性の口から発っせられる、
言葉によるコミュニケーションが全てと思っていました。

嫌いは嫌い。
好きなら好きと言えばいいのに。

当時は「めんどくさい」
そのように思ったものです。

習ったことのない数式を、
「解きなさい!」と言われてるような、
そのような感覚にも近かったかもしれません。

では、
そんな私でもなぜ、
結婚できたのか?というと、、、

今でいうコーチがいたからです。
コーチといっても、スナックのママですけど。

当時の私は、
商社で法人営業でした。

「よくそのレベルで営業ができたね」と、思うかもしれません。

若さですね。
若さと勢いだけはありましたから、
取引先の社長さんから可愛がってもらいました。

景気の良い時代は、
よく取引先の社長さんの、
行きつけのスナックへ連れていただきました。

スナックのママさんから、
教えてもらって一番驚いたこと。

それは、
女性は一度は断る。

これを聞いた時、衝撃でした。

なぜなら、何度断られたか覚えていませんけど、いつも一回であきらめていたからです。

デートに誘う。
ごめん、その日用事があるの。

もちろん本当に嫌だったのかもしれません。

しかし、
今の奥さんは、
一度断るを先に知っていたので、
結婚できたとも言える気がします(記憶ですが)。

あとは、
量稽古ですね。

お伝えしたいことは、
結婚へのステップがわからなければ、
仲人のような結婚経験がある人を味方につけて、
あなたが信じている「どうせ◯◯に決まっている」
「◯◯すべき」というマイルールを見直す努力を始めることです。

一人で行ったことのない場所へ
旅行へ出かけるのは不安もあるでしょう。

しかし、その道に詳しいガイドがいれば安心ですよね。

自転車の補助輪が外れるまで、
あなたの父親が自転車の荷台を押さえてくれていたように。

角度と同じで、
少しの変化を積み重ねることで、
いずれ大きな差となり結果へと現れるように。

まずは小さな一歩から。

継続へのモチベーションは、私たち仲人におまかせください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930